格闘技を始めるのに年齢は関係ない!?30代で格闘技を始めた私が格闘技のメリットや種類を紹介!

 
くろこね
こんにちは!格闘技が趣味のくろねこです^ ^

RIZINやYoutubeの影響もあり格闘技に興味を持つ方は増えていると思います。

その中には

「格闘技を大人になってから始めた人っているんだろうか」

「格闘技を始めてみたいけど、どんな種類があるんだろう」

「子供に格闘技を習わせたいけど何歳から受け入れてくれるんだろう」

と疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、30代から格闘技を始めて格闘技歴6年の私が

  • 習っている格闘技の種類と経験談
  • 大人が格闘技を習うメリット
  • 格闘技ジムは子供をいくつから受け入れいているか

を紹介します!

私が習っている格闘技の種類

キックボクシング

パンチと蹴りがある格闘技です。国内では那須川天心選手が有名ですね^ ^

私は、格闘技を始めて3年ほどはキックボクシングだけを習っていました。

当時の練習ペースは週に2~3回、です。練習メニューなどは以下の記事にまとめました!

興味がある方は読んでみてください^ ^

関連記事

「女性でキックボクシングをしている人の経験談が知りたい」 「キックボクシングを始めたいけど、どんな練習をするんだろう」 と疑問や不安をお持ちの方はいると思います。 この記事では、30代で格闘技を始めてキックボクシング歴6[…]

格闘技を始める前は

  • 体能力低いけど私にもできるのだろうか・・・
  • ジムに怖い人いたらどうしよう
  • トレーナーさん厳しいかな

と不安だけでしたが取り越し苦労でした^ ^

フィットネス目的の女性会員さんは思ったより多かったですし、トレーナーも会員さんもプロ選手も、優しい人ばかりでした。

私が経験している格闘技で女性が一番多いのは、キックボクシングです。

詳しくは以下の記事に書いていますので興味のある方は読んでみてください^ ^

関連記事

4月から何か新しいことを始める方も多いのではないでしょうか。 新しいことを始める時は、ワクワクもしますが不安もありますよね。 特に格闘技は始めるまでの敷居が高い気がします。 この記事では 格闘技を始めたいけ[…]

ブラジリアン柔術

打撃は一切ない、格闘技です。

↓のように柔術着を着けて行います。

最初に通っていたキックボクシングのジムで、仲良くなった人が総合格闘技のジムに移籍して
柔術を始めたことがキッカケで私も興味を持ちました。

体験に行った時はワケワカメ(←古い)でしたが、トレーナーや会員さんが優しかったのでやってみようと思って始めました。

1年ほどは、キックボクシングを習っているジムと掛け持ちをしていたので

「週に1回ペースで半年続けばいいかな」

と思っていました。

あっという間にハマって、入会した翌月には週に3回練習するようになっていました笑

初心者なのになぜかスパーリングがすごい楽しかったです。
きっとジムの先輩たちがとても優しいおかげだと思います^ ^

どのジムでもそうですが、経験者は初心者の方相手に優しくスパーしてくれますよ!

 
くろねこ
経験者同士でも、怪我に気をつけながらスパーしています!

ブラリジアン柔術は、全身運動と言われておりフィットネス目的で始める女性もいます^ ^

興味はあるけど長続きするか分からないな、という方は安めの柔術着もあります!

↓の記事で紹介していますので読んでみてください!

関連記事

ブラジリアン柔術を始めたい方や、もう1着柔術着を買いたい方で 「柔術着を売っているお店が近くにないからネットで購入したいけど試着ができないから不安」 「身長150cm以下の人が実際に使っている柔術着を知りたい」 と不安や[…]

グラップリング

柔術みたいに道着はつけない、寝技です。

柔術との大きな違いは、相手の洋服を掴んじゃダメ、です。

体に密着するラッシュガードを着けるのが望ましいですが、Tシャツで練習できるジムも多いです。

柔術→グラップリングの順番で始める方が多い印象です。柔術と比べると女性の方は少なめ、です。

 
くろねこ
柔術着を用意する必要がないので、柔術よりは簡単に始められますよ^ ^

総合格闘技(MMA)

RIZINの影響もありご存じの方も多いのではないでしょうか^ ^

打撃、投げ技、寝技など色々な技術を使う格闘技です。

私が通っている総合格闘技のジムでは、総合格闘技のクラスでグラップリングを教えます。

総合格闘技をするつもりは無かったのですが、グラップリングがしたくてクラスに参加するうちに総合格闘技にも興味を持ち始めました。

相手の打撃に合わせてタックルに入ったり、打撃とタックルと組み合わせてテイクダウンしたりと、いろいろな技術を使う総合格闘技が出来るようになりたい、と思ったんですね^ ^

もちろん、簡単に身につく技術ではないですし、まだまだ出来ないことが多いですが、総合格闘技のスパーが一番楽しいです!

 
くろねこ
最近は女子格も盛り上がっていて嬉しい限り!!!

大人が格闘技を習うメリット

次に格闘技を習うメリットを紹介します。

交友関係が広がる

社会人になり年齢を重ねると、連絡をとる学生時代の友人も段々とへり、新しく出会う人も減ってくると思います。

格闘技ジムは

  • 子供から大人まで幅広い年齢
  • 会社員、自営業、弁護士、医者

等、色々な人と触れ合えますので、それだけでもとても楽しいです。

ストレス発散になる、気分転換できる

私にとって格闘技をする最大のメリットは、ストレス発散です。

仕事で嫌なことがあってもジムに行って体を動かすと、

「大したことないな」

「なんとかなるかも」

と気分を切り替えることが出来ます。

周りの会員さんも

「仕事で嫌なことがあってもジムに来て体を動かしたら気が晴れる」

とおっしゃる方は多いです^ ^

仕事でかなり神経を使ってヘトヘトになると、練習をサボったりもしますが、マイペースに続けています。

時間の使い方が変わって、充実した日々を送れる

格闘技を始める前の私は毎日のよう残業をしていました。

でも残業をしていると、ジムの営業時間内に練習に行くことが難しくなってしまいます。

定時で帰ってジムに行くために、自然と集中力があがり、残業をしなくなりました^ ^

仕事が休みの日も出来るだけジムに行くようにしていますので、一日中家でダラダラして過ごす、ことは大分減りました^ ^

格闘技をする事にデメリットはないか

ここまでメリットばかり書いてきましたが、デメリットを気になる方もいると思います。

強いて言うなら、怪我をする可能性が高くなる、でしょうか。

ただ、怪我をするのは試合出場やプロ選手を目指す方が多い、です。

試合前はガチスパーリングなど、強度が高い練習をしますし、練習回数も増えます。

そうすると、怪我をする確率も自然と上がります。

試合出場を考えていないフィットネス目的の方で、格闘技の練習が原因で怪我をする方は、少ないと思います。(体の硬さやストレッチ不足で怪我をする方はたまにいます)

格闘技ジムは子供を何歳から受け入れているのか

いくつか格闘技ジムのHPを確認してみました。

受け入れは小学生からで、幼児は要相談という所が一番多かったです。

中には3歳から受け入れているジムもありました。

まずは、お子さんと一緒に見学に行く、もしくは、体験をしてみて決めていると良いです^ ^

とはいえ、

  • 近くに子供を受け入れてくれる格闘技ジムがない
  • 色々な種類のスポーツを経験させたい
  • 子供にどんなスポーツが合っているか分からない

という方もいると思います。

そんな方は、多種目スポーツスクールJJMIXはを試してみては如何でしょうか^ ^

多種目スポーツスクールJJMIXは

  • 2歳から通えるスポーツスクール
  • 全国約223箇所にあり、2000人以上のお子様が通っている
  • 「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」指導方針
  • 指導員は全て「安全」「教育」「指導」について厳しい研修を受けた正社員
  • お子様の悩みや疑問について担当指導員にメールで相談可能

という特徴があるので、安心して通えると思います。

まずは、無料体験をおすすめします!

格闘技を始めるのに年齢は関係あるのか

結論から言いますと、無い、です。

私は30代になってから格闘技を始めて、アラフォーになった今でも、週に3,4回練習しています。

私より年上の会員さんもいますし、中学生や高校生の子と練習をする事もあります^ ^

プロ選手を目指すとなると、年齢制限は出てきますし、試合出場に年齢制限がある競技もありますが、格闘技を始めるのに年齢は気にする必要ないと私は思います!


まとめ:格闘技を始めるのに遅い、ということはない

この記事では、30代から格闘技を始めて格闘技歴6年の私が

  • 習っている格闘技の種類を経験談
  • 大人が格闘技を習うメリット
  • 格闘技ジムは子供をいくつから受け入れているか

を紹介しました。

格闘技=怖い

というイメージがある方は多いと思いますし、
私もビビりながら始めましたが、今では

格闘技なくして今の私はない

と思えるほど、格闘技をしていて良かった、と思っています。

もし、格闘技に興味があってジムを探そうとしている方は以下の記事を参考にしてみてください^ ^

関連記事

格闘技に興味があるけど、 「格闘技のジムに通いたいけど、どうやって選んだら良いかわからない・・・」 「女性で格闘技のジムに通っている人っているんだろうか」 と不安や疑問がある方は多いのではないでしょうか? […]